生活支援ハウス(高齢者生活福祉センター)新川スマイルコート生活支援ハウス(高齢者生活福祉センター)新川スマイルコート

トップページ札幌恵友会の施設サービス>生活支援ハウス(高齢者生活福祉センター)新川スマイルコート

施設案内

新川スマイルコートは、60歳以上で札幌市に住民登録されている方が入居できる施設です。居室はすべて個室で自炊型の施設です。ろう下・階段もすべて手すりが設置されており、入居者の皆様の安全に考慮した設計になっております。
また、新川スマイルコートから徒歩5分にバス停があり、各方面へのバスが運行しております。(北24条駅、麻生駅、発寒南駅、札幌駅方面)外出・外泊も自由なことから、自分のライフスタイルで生活を送ることが出来ます。
施設職員からの身体介助等は受けることができませんが介護認定を受けておられる方は関連施設等での通所・訪問介護サービスを受けることが出来ます。
入居申し込みは各区役所の保健福祉課が窓口となっている為、お住まいの区役所へお申し込み下さい。

居室
居室
浴室
浴室
談話室
談話室

集会室
集会室

施設の目的

高齢者の特性に配慮した住みよい住居を提供し、入居者の自主性を尊重することを基本としています。また、入居者が明るく心豊かな生活ができるよう、入浴の準備、相談機能の充実及び余暇活動の援助並びに疾病災害等緊急時の対応及び処遇を万全に期することを目的としています。


施設概要

施設の種類 生活支援ハウス(高齢者生活支援センター)
名称 新川スマイルコート
所在地 札幌市北区新川715番地2
総室数 20室(個室)
入居定員 20名
居室面積 24.147m2
居室設備 電気コンロ・流し台・照明・下駄箱・トイレ(温便座付き)・洗面台・出窓・緊急呼び出しボタン(居間・トイレ)・テレビアンテナ差し込み口・個別電話取りつけ口・パネルヒーター・スプリンクラー・火災警報器
共用施設 集会室・談話室・洗濯機コーナー(洗濯機・乾燥機)・浴室(男性1F・女性1F)・シューズロッカー室・郵便室・ゴミ捨て場(各階設置)
併設施設 特別養護老人ホーム 新川エバーライフ ケアハウス 新川サニープレイス
建物構造 鉄筋コンクリート造り5階建
建築総面積 7794.290m2
敷地面積 2872.570m2
入居資格 60歳以上である程度身の回りのことが出来る方・自炊が出来る方
(札幌市に住民票がある方) ※生活支援ハウスとは
職員体制 施設長(1名)・生活援助職員(3名)・事務職員(1名兼務)

間取り図

間取り図

料金案内

料金概算

1か月にかかる利用料(サービス内容や収入によって変わります。)

0円〜

日々の暮らしと行事

暮らし

1日の流れ
 毎朝9:15〜 1階集会室でラジオ体操を行っております。

年間行事

1月 新年祈願祭・新年会・お楽しみ会   
2月 節分・豆まき・お楽しみ会
3月 雛祭り茶話会
4月 お楽しみ会
5月 春のバスレク(花見)
6月 グルメツアー・お楽しみ会・お散歩
7月 野外食・夏のバスレク・お散歩
8月 夏祭り・お盆法要
9月 敬老祭・お散歩
10月 秋のバスレク
11月 お楽しみ会
12月 クリスマス会・忘年会・グルメツアー・餅つき
月例行事
ショッピング・懇談会・健康管理
クラブ活動
カラオケ・フラワーアレンジメントの各クラブ等を行っております。

交通アクセス

交通ルート

地下鉄→バス
  1. 地下鉄南北線「北24条駅」下車、「北24条駅バスターミナル」から中央バス、「北72」(1番のりば)、「北73」(2番のりば)「新川営業所行き」または「手稲高校行き」乗車、「新川6条16丁目」または「国際情報高校」下車、徒歩1分。
  2. 地下鉄東西線「琴似駅」下車、「琴似駅バスターミナル」から中央バス、「西48」または「西49」(ともに4番のりば)「新川営業所行き」乗車(地下鉄東西線「発寒南駅」を経由します)、「新川6条16丁目」または「国際情報高校」下車、徒歩1分。
  3. 地下鉄南北線「麻生駅」下車、「地下鉄麻生駅バスターミナル」から中央バス「麻06」(2番のりば)「新川営業所行き」乗車、「新川6条16丁目」または「国際情報高校」下車、徒歩1分。
  4. 中央バス「札幌駅前(旧札幌西武南口側バス停)」より、「西71」「新川営業所行き」乗車、「新川6条16丁目」または「国際情報高校」下車、徒歩1分。

新川スマイルコート
〒001-0930 札幌市北区新川715番地2
  • TEL: 011-764-3120
  • FAX: 011-768-2415
  • E-mail: sunnyplace@keiyu-kai.org
札幌恵友会 法人本部
〒001-0930 札幌市北区新川715番地2

ページの上へ