障がい者支援施設 つばさ障がい者支援施設 つばさ

トップページ札幌恵友会の施設サービス>障がい者支援施設 つばさ

施設案内

つばさは、障がい者総合支援法に基づく、施設入所支援、生活介護、短期入所のサービスを提供する施設です。障がいのある方がよりよい生活を送っていただくお手伝いをさせていただいており、生活全般における介護サービスを実施しております。また、日中活動では、体操、レクリエーション、作業療法、リハビリテーション、外出レク、クラブ活動などがあり、自由にご参加いただけます。みなさまに充実した生活を送っていただける施設づくりに日々努めています。

居室(2床室)
居室(2床室)
浴室
浴室
サービスステーション
サービスステーション

食堂・談話室
食堂・談話室
機能訓練室
機能訓練室
廊下・ホール
廊下・ホール

施設の目的

身体に障がいを持つ方が自立した生活の実現を目指して、日々の活動や行事などに取り組み、地域に根ざした生活が出来るように支援します。
利用者の人権及び個性を尊重し、個人と集団の面から生活を考え楽しく快適な生活の提供に努めます。利用者個々の能力、体力、適正を十分把握し、本人にあった日中活動及び作業活動を通じて、自己実現と社会参加を支援します。

事業内容

  • 長期入所(生活介護・施設入所支援)定員:20床
  • 短期入所(ショートステイ)定員:4床
  • 通所介護(生活介護)定員:15名

施設概要

施設の種類 障がい者支援施設
名称 つばさ
所在地 札幌市中央区南8条西26丁目1-2
事業所番号 0110100468
総室数 14室(個室4室、2人部屋10室)
入居定員 20名(他ショートステイ4名)
職員体制 医師、看護職員、機能訓練職員、生活支援職員 他

料金案内

料金概算

1か月にかかる利用料(障がい程度区分によって変わります。)

32,483円〜49,522円(区分4〜区分6)

日々の暮らしと行事

暮らし

入浴
入浴は週2回行います。
利用者の身体状況や希望等により、必要に応じて対応します。
排泄
利用者の状況に応じて適切な方法で排泄支援を行うとともに、排泄の自立に向けた支援を行います。
機能訓練
身体機能、生活能力の維持・向上のためのリハビリテーションを行います。理学療法士により利用者ごとの希望やリハビリテーション計画に基づいた個別的なリハビリテーションを提供します。
健康管理
日常生活上必要な健康状態のチェックや服薬、その他必要な医療的管理を行います。また、医療機関との連絡調整及び協力医療機関を通じて健康保持のための適切な支援を行います。健康診断は年2回行います。
余暇活動
レクリエーションや作業活動、創作的活動、クラブ活動など適宜実施することにより、余暇活動の充実を図ります。また、希望により地域住民やボランティアとの交流・催し物へ参加することができます。

年間行事

1月 新年祈願・新年お楽しみ会
2月 節分豆まき
3月 ひな祭り
4月 映画鑑賞会
5月 春探し・外食レク
6月 外出レクリエーション
7月 夏祭り
8月 縁日
9月 敬老会・焼肉パーティー
10月 秋探し・ハロウィンパーティー
11月 文化作品展
12月 クリスマス会・餅つき

交通アクセス

交通ルート

地下鉄→バス
地下鉄東西線「円山公園駅」下車、「円山公園駅バスターミナル」からジェイ・アール北海道バス「循環円10・循環円11」「円13」(1番のりば)、「円11」「桑11」(2番のりば)乗車、「南7条西25丁目」下車、徒歩7分。
  • 「循環円10」「円13」乗車の場合、「南8条西25丁目」で下車、徒歩3分

障がい者支援施設 つばさ
〒064-0808 札幌市中央区南8条西26丁目1-2
  • TEL(代表): 011-531-5000
  • FAX: 011-531-5200
札幌恵友会 法人本部
〒001-0930 札幌市北区新川715番地2

ページの上へ