介護施設の種類とご利用条件介護施設の種類とご利用条件

トップページ介護施設の種類とご利用条件>認知症対応型共同生活介護 グループホームとは?

認知症対応型共同生活介護 グループホームとは?

要支援2以上の方で、認知症の状態にある高齢者が5〜9人で共同生活をして、家庭的な環境と地域住民との交流のもとで、介護スタッフによる入浴・排泄・食事等の日常生活の支援や機能訓練などを行なうことにより、利用者様が有する能力に応じ、自立した日常生活を営むところです。

ご利用対象者

要支援2以上の方で認知症の状態にある高齢者

生活環境

今まで使用していた家具などを持ち込めるよう個室で落ち着いて生活できます。

費用

家賃+食材料費+水道光熱費+介護保険1割負担
(高額サービス費等の減額制度や、札幌市の場合おむつサービスが状況により受けられます。)

お申し込み方法・お問い合わせ

各施設に直接お問い合わせ下さい。


ページの上へ